ワイキキにおける邦人被害の強盗事件の発生に伴う注意喚起

ワイキキにおける邦人被害の強盗事件の発生に伴う注意喚起
 
1 報道によれば,11月6日(月)午前9時15分頃,ホノルル市内ワイキキにあるヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ホテルのエレベータ内で,邦人男女(男性71歳,女性67歳)を含む3人が男に拳銃を突きつけられ,金品を奪われる強盗事件が発生しました。その際,邦人の1名は,犯人から顔面を殴打されたようです。
 
2 犯人は,現在も逃走中で,警察が行方を追っています。犯人は,年齢20歳~30歳,身長170センチ前後,体重63キロ前後で,グレーのフード付きスウェットシャツを着て,黒のTシャツに下はジーンズ,薄い色の野球帽をかぶっているとのことです。
 
3 同様の被害防止のため,特に深夜帯等は,できるだけ外出を避け,安全に十分注意して行動してください。
外出の際は,周囲の状況に注意を払う,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等のほか,不必要に多額の現金や貴重品を持ち歩いたり,また,被害に遭った場合,抵抗したり,追跡しないことも被害の拡大を防ぐことになります。