総領事館案内

伊藤総領事より新年のご挨拶

 
Consulate General of Japan in Honolulu
 
ハワイ在住の皆様,旅行者の皆様,あけましておめでとうございます。
謹んで新年の御挨拶を申し上げます。

2018年は様々な方との出会いや行事を通じて,ハワイの社会について学ぶ多くの機会をいただきました。日系人の先達が,苦労を重ねながら数々の困難を克服し,ハワイや米国の社会において今日の尊敬される地位を獲得しただけでなく,豊かな多民族社会であるハワイの発展のために多大な貢献をされてきたことを,一日本人として誇りに思う場面が少なからずありました。特に,昨年は,明治元年に,初の日本人移民「元年者」がハワイに到着してから150周年という特別な年で,ハワイの日系人,日本人からなる多くの団体が協力し,様々な行事が開催され,これまでの日系の方々の歴史を回顧し,将来を展望する機会となる大変意義のある年となりました。6月には秋篠宮同妃両殿下がハワイを御訪問になり,5日間の御滞在中に,日系人移民150周年行事に御臨席され,多くの日系人ゆかりの場所を訪れられ,また,たくさんの方々と交流をされました。皆様のおかげをもちまして,150周年を記念する様々な行事が大きな成功を収め,この年が将来長きにわたり人々の記憶に残る年となりましたことに,心より御礼を申し上げます。

さて,今年は4月30日に今上天皇陛下が御退位され,5月1日に現在の皇太子殿下が御即位する予定であり,新たな年号の下で新しい時代が始まります。3月には,ハワイでは52年ぶりとなる歌舞伎公演が予定されています。また,日本において,今年はラグビーW杯が開催され,来年はいよいよ,2020東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。総領事館としましては,こうした大きな行事の開催の機会をとらえながら,ハワイと日本の間でより様々な交流が進むよう,皆様のお力もお借りしながら努力して参りたいと考えております。


本年が皆様にとって素晴らしい年となりますようお祈り申し上げ,私の新年の御挨拶といたします。
在ホノルル日本国総領事 
伊藤総領事より新年のご挨拶(2018)
伊藤総領事から着任に際してのご挨拶