海外安全対策情報

2022/7/18

1 社会・治安情勢

 新型コロナウイルス感染症に係る規制も緩和され、当地への観光客も増加傾向にありますが、依然としてホームレスの増加など社会問題となっています。海外からの観光客は減少しているため、観光客を対象とした犯罪は減少傾向にありますが、銃やナイフ等を使用した凶器犯罪が増加するなど、治安の悪化が懸念されます。これに対し、ホノルル市・郡警察本部は対策を講じていますが、依然として犯罪は発生していますので、注意が必要です。
 

 
2 一般犯罪・凶悪犯罪の傾向

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響もあり、ハワイ州で認知されている犯罪総件数は減少していますが、拳銃やナイフ等による強盗等の凶悪犯罪は増加傾向にあります。
  2. 一般犯罪のうちの約8割が窃盗罪に関するものです。自動車盗、車上荒し、ひったくり、置き引き、空き巣等の犯罪には特にご注意下さい。
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響による治安の悪化に伴い、夜間外出の際に殴打され、金品を奪われる被害も発生していますので、夜間の外出等には、十分ご注意下さい。
  4. 現在、海外からの観光客は増えつつあります。過去には、観光客を狙った次のような犯罪が発生していますので、十分にご注意ください。
  • 空港、ホテル内ロビーやプールサイド等で目を離した隙に荷物を置き引きされる。
  • ビーチに荷物を置いたまま全員で海に入っていたところ、荷物ごと盗まれ、荷物の中に入っていた車の鍵を使い、レンタカーも盗まれた。
  • バス停のベンチでバスを待っていたところ、バッグをひったくられ、取り戻そうとしたが振り払われ負傷した。
【主な被害発生場所】
車上狙い:タンタラスの丘やモアナルアガーデン等の観光地やアウトレットモール等の駐車場
置き引き:ビーチ,レストラン,ショッピングモール,空港等
ひったくり:ワイキキやアラモアナの路上等
 

3 邦人被害事案

  令和4年度、当館では日本人被害の事件には接していませんが、昨年度に引き続き、交通事故による死傷事案が複数発生しております。車両運転時、歩行時には十分な注意が必要です。
 
 ※ 被害に遭った場合、犯人がけん銃や刃物等を隠し持っている可能性も念頭に置き、抵抗や自力での被害回復はあきらめ、直ちに安全な場所まで逃げたうえで、911(警察)に速報してください。(「ジャパニーズ スピーカー、プリーズ。」と伝えれば、ホノルル警察では可能な限り、日本語対応可能な担当官につないでくれるそうです。)

 

4 テロ・爆弾事件発生状況

  関連情報には接していません。
 

5 誘拐・脅迫等事件発生状況

  日本人が被害者となる事件情報には接していません。
 

6 日本企業の安全に関わる諸問題

  関連情報には接していません。

7 参考情報

(1) 当地犯罪発生状況マップ
    https://www.honolulupd.org/information/crime-mapping/ 
(2) 安全の手引き
    https://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/files/100293386.pdf