各種申請・届出

2017/3/16

在留届

 
 
旅券法第16条の規定に基づき、住所又は居所を定めて外国に3ヶ月以上滞在する日本国籍の方は、滞在先を管轄する日本の在外公館(日本大使館・日本総領事館等)に対し「在留届」を提出する必要があります。
 
在留届提出後、帰国・転居等届出事項に変更が生じた場合は、その都度変更の届出を行う必要があります。
 
ハワイにお住まいの方は、当館に在留届(又は変更の届)を提出願います。
 
 
 
       在留届
 
  在留届について
 
  在留届は、在外公館が海外にお住まいの日本人の皆様に対する様々な支援を行うための基礎資料として、例えば次のようなケースで活用されています。安全で安心できる外国生活を送るための第一歩として、必ず在留届を提出願います。
   
 
  【在留届 活用例】
 
 
窓口サービス
 
在外選挙人名簿登録申請、各種証明申請等
 
遺失物等の所有者確認
 
現地の警察等から在外公館に対し日本人の方の遺失物が届けられ、所有者のお名前が判明している場合、在留届が提出されていれば、すぐに所有者の方にお返しすることができます。
 
各種ご案内
 
在外公館から現地の安全情報や領事出張サービス実施に係るご案内等の情報を発信する場合も、在留届の情報を元に連絡を行います(特に緊急事態が発生した場合、在外公館から急を要するお知らせを発信することがあります)。
  
 
  記載事項の変更並びにご帰国等の場合
 
 
在留届提出後にご帰国や住所・電話番号等届出事項に変更が生じた場合、必ずこれらの変更に係る届出(「帰国・転出届」又は「在留届記載事項変更届」)を行っていただくようお願いします。
変更の届出が行われない場合、当館からの緊急連絡等のサービスを受けられないことがあります。
 
  【在留届記載事項変更届 と 帰国・転出届】
 

 

下記のような場合、届出が必要です。
 
 在留届記載事項変更届
 
住所・電話番号・E-MAILアドレス等、届出事項に変更が生じた場合
家族の一部が、別の住所に引っ越す場合
子の出生により追記される場合
結婚・離婚等により、氏の変更がある場合
 
 帰国・転出届
 
日本へご帰国の場合
他州・国外へ住所を移す場合
   
 
  在留届の提出方法と用紙入手方法
 
 
  【在留届の提出方法】
 
 
 在留届電子届出システム(ORRネット)
 
http://www.ezairyu.mofa.go.jpにより
インターネットを通じて届出を行うことができます。
同システムにより在留届の届出を行った方は、帰国等の変更の届出も同システムにより行うことができます。
 
 総領事館窓口
 
「在留届」用紙に所要事項を記入の上、窓口にご提出ください。
 
 郵送またはFAX
 
「在留届」用紙を入手して所要事項を記入の上、お送りください。
   
  【届出用紙入手方法】
 
 
 在留届
 
外務省ホームページからPDFファイルにて入手
総領事館にて入手
 
 在留届記載事項変更届
 
総領事館又は総領事館ホームページからPDFファイルにて入手
 
 帰国・転出届
 
総領事館又は総領事館ホームページからPDFファイルにて入手
 
   

 

印刷できない場合は、FAXもしくは郵送にて、こちらからお送りすることもできます。
郵送にて取り寄せたい方は、返信用封筒に切手を貼り領事館在留届係までご請求ください。
   
 
 FAXの場合
 
  808-543-3174
 
 郵送の宛先
 
  Consulate-General of Japan 在留届
  1742 Nuuanu Ave.,
  Honolulu, Hawaii 96817
   
   SMS配信を停止する方法
 
   登録された携帯電話番号は、事件・事故や災害時の安否確認、救援活動、ショートメッセージサービス(SMS)を用いた緊急情報の発信に使用します。
 米国の携帯電話番号を登録した場合、54120の番号に宛てて「STOP」という本文をSMS送信することにより、いつでもSMSの受信を停止することができます。また、54120の番号に宛てて「HELP」という本文をSMS送信することにより、本SMSに関する概要説明をSMSで受信できます。詳細についてはmofasms@mofa.go.jpか+81(3)55018504までご連絡ください。SMSの送受信に当たっては、契約プランに基づいて課金されることがあります。

 詳細は海外安全ホームページの「重要なお知らせ」(英語のみ)をご確認ください。
   
 
       在外選挙人証をお持ちの方
 
  転居の場合
 
 
転居先を管轄する在外公館(日本大使館・総領事館)に対し、現在お持ちの「在外選挙人証」とともに「在外選挙人証記載事項変更届出書」(書式(PDF))を直接又は郵送にて提出して下さい。
 
  帰国の場合
 
 
お持ちの「在外選挙人証」は、帰国して住民登録後4ヶ月間は有効ですので、その期間内に国政選挙が行われる場合には、その在外選挙人証を使って投票することができます。
(詳しい情報はこちらをクリック https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/vote3.html
帰国後4ヶ月を過ぎたら、日本国内居住者として日本国内の選挙人名簿に登録され、在外選挙人名簿から自動的に抹消されますので、登録されている選挙管理委員会に在外選挙人証を返納してください。

在留届の変更届・転出届とは別の届出となりますのでご注意ください。