各種申請・届出

戸籍・国籍届出

出 生 届 婚 姻 届 離 婚 届 死 亡 届 国籍喪失届 国籍離脱届 国籍選択届
 
はじめに,日本人が外国に滞在している間に身分事項の変更(出生,婚姻,離婚,死亡,国籍喪失(外国への帰化)や国籍選択等)があった場合,国内と同様,我が国の戸籍法,国籍法に基づいて届出が義務付けられています。これらの戸籍関係及び国籍関係の届出は,在外公館で行うことができます。
 
提出書類(特に断りがない場合は原本),通数については,ケースにより異なりますので,事前にお問合せ願います。なお,次に掲げる以外の届出(認知,養子縁組等)については,直接当館にお問合せ願います。
 
       出生届
 
  【提出書類】
 

出生届 2通又は3通

 

出生証明書 ハワイ州衛生局等当局発行のもの 2通又は3通
(原本1通,それ以外はコピー(両面)で可)

同出生証明書和訳文 2通又は3通
  ・「父又は母の戸籍謄(抄)本」は,提出が義務付けられてはいませんが,正確な戸籍記載を確認するため,お持ちの場合は届出の際に持参ください(コピーでも可)。
  印については、用紙が当館にあることを示すものです(届書については法令で定められている届出用紙をご使用いただく必要があります)。
   
 
  【注意事項】
 

 

父母(父又は母)が日本人で,かつ,米国内で出生した子は,出生により日本と米国の国籍を取得します(重国籍者)。日本の国籍法では,出生日を含めて3か月以内(例えば,4月18日に生まれた場合は,7月17日が届出期限)に出生届(日本国籍を留保する届とともに)を行わないと,出生時に遡って日本国籍を喪失しますので,御留意願います。
出生証明書の入手に手間取り3か月を経過することのないように留意願います。3か月以内に出生証明書が間に合いそうにない場合は,医師発行の出生証明書等での届出も可能となりますので,お早めに当館にお問合せ願います。

 

 

 




**母子健康手帳/Maternal and Child Health Handbook(日本語/英語併記)**
 
母子健康手帳は、妊娠・出産・育児に関して記録をすることにより、母と子供の健康管理をするための手帳です。この手帳に記載された記録は、母と子が健康に生活していく上で重要な資料になります。母子健康手帳(日本語/英語併記)は、海外に在住する母子のために、厚生労働省令に基づく母子手帳の内容を日本語と英語の2カ国語で表記したものです。
 
♪記載内容♪
妊娠中の経過、出産の状態、乳幼児・幼児の発育記録、予防接種の記録などが記入できる内容になっています。
 
♪発行元♪

株式会社 母子保健事業団
http://www.mcfh.co.jp
〒113-0034
東京都文京区湯島1-6-8
TEL:03-4334-1188 FAX:03-4334-1181
Eメール:info@mcfh.co.jp
 
♪入手方法♪ (有料)
総領事館では販売・配布はしておりませんので、ご希望の方は以下の方法で入手願います。

(1)日本のご家族・ご友人に依頼し、母子健康事業団又は書店から購入・送付してもらう。

(2)日本書籍を扱う海外書店を通じて購入。